院長コラム

【その人を取り巻く環境】食生活の変化

現代ではスーパーにありとあらゆる食品が並んでいる。其の中で本当に人が食べて良い物はいくつあるのだろうか?殆どの方は売っているんだから食べても良いと錯覚を覚えているのが通常であると思う。食品添加物、環境ホルモン、・・・・・・等々。

あまりにも多くの毒素を採り入れてしまう為、身体が退化しているのである。現代人は食品添加物の防腐剤を多量に取っているので死んでも腐らないなんてどっかの本で読んだ事がある。(経口以外では化粧品の防腐剤パラベン等々?)

食事の事で私にインパクトを与えてくださったのは、WESTON A. PRICE,DDS著、片山恒夫先生訳の「食生活と身体の退化」という本である。
この本では、黒人部落の原始的な生活をしている未開種族が近代文明と接触した時点から多くの者の健康状態が悪化してきている事実、また、現代食を摂った者の次世代の者、また次世代の者と顔の幅がどんどん狭く成ってくる事により歯の並びが悪く成ってしまって来ている事実、生命があらゆる面で十全であるためには、母なる大自然に従って生きなければならない、という事等が書かれている。

夫婦は似ている

長年付き添っている夫婦は顔形がどことなく似ている。どうして?と考えてみると、同じ生活をし同じ物を食している為であると思う。
我々動物は外界(自然界)から物を摂り入れて生きている。おそらく動物は食べる物の栄養素やエネルギーやその性質などによりある程度の支配を受けていると思う。この食べ物のこの部分は身体のここの部分を形成するとか言う様に・・・・・・。

母親の妊娠中の食生活、赤ちゃんの母乳の必要性

妊娠中の280日を人類の進化に合わせて表現している書をご紹介すると

最も大切な事は、妊娠中の母親の食事です。280日という妊娠期間は、進化年数でみれば28億年という時間に相当する事になります。地球誕生は今から約46億年前、生物発生は約32億年前になります。生物は32億年という年月をかけて、単細胞から多細胞、無脊椎動物から脊椎動物、両生類から爬虫類・鳥類・哺乳類から猿類、そして類人猿から人類へと進化してきました。両生類が現れるまでに約28億年が過ぎています。その28億年の海中生活の全ての進化プロセスを、人類の赤ちゃんは羊水(海水とミネラル成分はほぼ同じ)の中で繰り返しています。このように、進化の頂点に立つ人類は、全ての下等生物の進化形態を引き継いでいるのです。例えば誕生の瞬間、海中から陸上へ上がってきた両生類の時期、やがて這い始めた時が爬虫類、高這いの時が原始的哺乳類、つたい歩きの頃が猿の仲間たち、よちよち歩きが類人猿そして、しっかりと二本の足で立った時が人類の誕生といえます。海中生活の28億年の進化過程を280日間で、陸上へ上がってからの4億年を400日間という短い時間でそれぞれ達成するために、胎児は、胎盤を通じて濃い100%の完全肉食で育ち、また赤ちゃんは薄い状態の100%の完全肉食(母乳)で、それぞれの期間を成長することになります。進化年数でみると、妊娠中の24時間、即ち1日が1千万年にあたり、誕生後の24時間は100万年に相当することになります。もし、妊娠中の母親が毒性の強い薬を3日間飲んだとしたら進化年数では3千万年に相当し、当然進化のプログラムに間違いが発生し、奇形児の誕生の可能性が高まることになります。このように、妊娠中の母親の食生活における農薬・薬・食品添加物・重金属・塩素(水道水)、そして白砂糖等々の害は、大変危険なものとなるわけです。また、肉食か菜食かによっても、其れによって作られる血液の性質が、即胎児に影響を及ぼすことがわかります。1日はただの1日ではなく、進化年数で1000万年に相当することをよく理解しなければなりません。また、誕生後400日間の1日1日が、進化年数の100万年にあたり、哺乳類から人類までの脳の進化という人間にとって最も重要な時期になります。此の時期に、人類よりも3段階も低い哺乳類である牛の乳を与えることは、人間としての脳の発達を考えるならば、決してしてはならないことになります。あくまでも母乳で育て、進化の道を誤ってはなりません。・・・・・・

書籍引用 「チャクラ健康法の驚異」 廣済堂 田村勝昭著

このような考え方も今の医療に欠けつつある事ではないかと思う。

電子レンジ

<食べ物を早く温める事が出来るのでとても便利である。
電子レンジを使用すると食品のタンパク質が変性してしまうと聞いたことがある。
プラスティックの容器が溶けてしまう事からみてもかなりの威力である。自然の状態の原子、電子、分子、・・・・・・等の性質、配列は変化しないのであろうか?疑問に思う。これも見えない世界であるので、とても怖いことだと思う。/p>

遺伝子組み替えや魚の養殖

最近、遺伝子組み替え食品の事が話題になっている。我々が食する食べ物の遺伝子を組み替える事によって、生産者側は害虫が付かなく見た目形や色の良い物を作れ、よりおいしくより低価格に大量生産できる・・・・・・という事が多分ねらいだと思うが、はたしてこれは身体にとって安全なのであろうか?虫が好まない物を人間が食べていいのだろうか?動物は自然のままの食べ物を食する事が一番良いのではないだろうか?と思う。仮に上記(夫婦は似ている)したように食べ物によって顔形等が変わるとしたら、遺伝子組み替えの食品を食べる事により人間の遺伝子も組み変わってしまうのではないか?と思う。
また魚も養殖がとても多くなった。ある本によると養殖の魚には病気に罹りにくい様にと大量の抗生物質が投与されているらしい。
とても怖い事であると思う。

【その人を取り巻く環境】生活環境の変化

人間が便利さを追求しすぎる為に発達した電気製品から発生される電磁波等がある。今はだれしもが携帯電話やポケベル、コンピューター、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、AUDIO、ドライヤー等の幾つかをを持っている時代になりつつある。もちろん私も持っている。

電気製品からは目に見えない電磁波がでるが、その電磁波が身体に与える影響は計り知れないものがある。
高圧送電線の近くにはやはり電磁波が強く有り、その近くに住んでいる人達には白血病や脳腫瘍の発生率が通常より高く有るという統計もある。

先進国の中で超低周波の基準がないのは日本だけで、以前携帯電話が電話機種料金が0円という時代があったが、それは外国に大量に日本製の携帯電話が輸出されたが、海外の基準に適合しない為返品され日本国民にまかれたという話しも聞こえてきている。福島第一原発のときもそうだが、どうして真実を隠すのか。見えないものにより病気が発症されてしまうのはとても残念で怖いことである。

其の人自身の問題として

人間が作った枠

人は目で見える物しか信じられない教育をされていると思う。それは生まれてから時間が経つに連れ人間が作った枠の中の常識に洗脳される為で有る。例えば、其の個人に名前を付けるところから始まり、信号は青で渡り赤で止まると言う様に、人が作った規則 決まりの中で生活しているからであると思う。(もちろんとても大切な事であるが・・・。)

座禅修行

以前お寺に隠って座禅修行をしていた時の事、5日間人と目を合わさず、会話をせず、所謂精進料理を食し、朝4時から夜9時まで座禅会を終え「俗世」に出た時、なんて生きてるって(息しているって)幸せなのだろうっと思った記憶がある。人は脳が発達している為に「あーでもない、こーでもない」と考え、更に妄想してしまい今を見えなくしてしまう。今までなんて小さい事に悩んでいたのだろう?とも思った。

お坊さんにどうしても聞きたかったので相談したことが有る。それは、「私はとても優柔不断でいつも物事を決めかねてしまうのでどうしたら良いですか?」っと尋ねると「君は優柔不断と決めつけられるくらい頑固です。」っと返された。
一休さんの珍問答みたいであるが、なるほど!っと思った。まさに目から鱗である。

最近の研究では座禅の下丹田呼吸法は脳内のセロトニンを活性させることがわかっています。もちろんお経もその呼吸法ですから。そしてそれは脳脊髄液の環流にも関係がありα波を放出し癒しと関係があるのです。

宇宙との関連性

NHKのテレビ番組に小宇宙人体というものがあった。太陽系、銀河系等を大宇宙というのに対して人体の神秘を小宇宙と表現されているのであろう。また大宇宙から生まれた人体を小宇宙と呼んだのであろうが、何れにしても色々な共通点や法則が有るのだと思う。

宇宙と人間

太陽系では、(太陽)水星、金星、(地球)、(月)、火星、木星、土星、・・・・・・と惑星が有る。月が満月から下弦の月となり新月に至る期間はおよそ7日×2の14日。また満月に戻るまで14日。およそ28日(7日×4)が1周期であり一月である。1週間は7日で、その曜日は、日、月、火、水、木、金、土曜日である。また自然現象と身体の臓腑を一体化して考えていく東洋医学の五行論があるが、水は腎臓(膀胱)、土は脾臓(胃)、木は肝臓(胆嚢)、金は大腸(肺臓)、火は心臓(小腸)、を表現している。

数字をみてみると虹の7色に始まり、1週間は7日、7という数字を身体で考えてみると上顎(うわあご)の歯は右に7本左に7本(親知らずをいれれば8であるが・・)下顎(したあご)も同じ様に右に7左に7本有る。親知らずを除けば全部で28本(7×4)。また首の骨は通常7本である。また、音楽でいうドレミファソラシドも7音階、人間の頭蓋についている外界と接する穴(目2つ鼻2つ耳2つ口1つ計7つ)、人間の身体にあるエネルギーの輪(チャクラ)も7つである。チャクラにはそれぞれ対応する色や臓器が決まっている。これらからみてもある程度、宇宙と人間は関連性があるであろう事が推察される訳である。

月の癒し

月(満月、新月・・・・・・)により地球上の動物は何か作用を受けている。月の形というのは地球と月と太陽の位置関係で形が変わるが、ここに大宇宙の何か法則が有るのだと思う。
海に満潮や干潮が有るのもそうだし、ウミガメの満月の日の産卵、サンゴの産卵、女性の定期的な周期での排卵や(月経という)、満月に犯罪が多く有ると言われている事、等の例がある。そこには何かしら目に見えないエネルギーがあると考えられる。
また、人間の体の部分をあらわす漢字には「月」がつく言葉が多い。例えば、腰 これは「にくづき」に「かなめ」と書く。其の他肝、肛、肘、肩,股、肺、胃、胎、胆、背、胸、脇、胴、脊、脈、脚、脳、腋、腎、脾、腕、腸、腹、膝、臓、・・・・・・等々。

きっと古人は知っていたのである。月と人間の関係を。ある本には、星座が支配している身体の部位、器官組織、栄養素、などがあると言う事や、手術をする場合には何時が良いとか、歯を治療する時、詰め物をする時は何時が良いか、等まで言われている。
私が知らないだけかもしれないが今の医学には無い世界であると思う。