西洋医学と東洋医学について

西洋人には西洋医学、東洋人には東洋医学が適するのではないか?とかつて思った事がある。
もちろん私は西洋医のはしくれだが・・・・・・。

想いのちがい

日本は単一民族であり保守的な部分を持っている様な気がする。
手術で身体にメスを入れるという事、言い換えれば身体に刃物で傷を付けるという行為はどちらかと言えば西洋人よりも日本人の方が抵抗をもっていると思う。何故なら自分では意識していなくても、日本人の心の中には武士の切腹を思いださせる何かが有るからだと思う。
但し、今の若者には当てはまらないかもしれない。

最近、欧米並に犯罪が増えてきて、平気で他人の身体や心まで傷を付け、すぐ嫌なことがあると人を殺してしまうような自分をコントロールできない弱い人間が多い事や親から頂いた大切な自分の身体にも簡単にピアスやTATOO(タットゥー)の様に傷を付けてしまえる人達には其の様な感覚は持ち得ないであろうと思う。
(東洋医学には,つぼ等身体に反応をおこすポイントが沢山あり,そういうところに穴を開けたり色を付けたりすればそこに対応する組織に何らかのトラブルがでるのは当然の事だと思うが、見た目のファッションの方がそういう事より優先されてしまうのである。「もちろん其の様な反応があるという事は知らないのであろうが・・・・・・。」)

骨格のちがい

アメリカに歯科の咬み合わせの勉強に行く機会があり、その治療の方法を手に手をとって教わった。 実際に日本に帰ってから実践してみると、なかなか上手くいかず苦労した事があった。そこで色々考えてみたのだがアメリカ人と日本人の違い、また西洋人と東洋人の違いをよく考えてみた。
まず第1に骨格である。私は 骨格が違う事を思い知らされた。

それはというと、私は身長が183㎝、体重は96㎏と身体が大きく、日本で洋服を買うのは一苦労である。良いデザインの気に入った洋服を見つけ、着てみると何と袖や裾はツンツルテンでバカボンの浴衣状態に成ってしまう。(たまの休みに温泉へ行き浴衣を着てもやっぱりバカボンの出来上がり・・・・・・。)ところがアメリカへ渡りショッピングをしてみると、何と私の丁度良いサイズの上にさらに3段階も4段階も大きい服があるではないか。アメリカ万歳!・・・・・・。

骨格という事でもう1つ感じた事がある。サングラスである。私は東洋人特有の短頭型の顔貌をしており(わかりやすく言うと顔の幅がある)日本では、なかなか似合うサングラスを見つける事が出来ないでいた。
せっかくアメリカにきたのだから合うサングラスをさがして買って帰ろうと思いショップへ行くとあまり幅の広いものが無いことに気付かされた。よくよく考えてみるとどちらかと言えば西洋人は長頭型で有る。(顔の幅が狭く奥行きがある) これをもっとかみ砕いていくと、顎の関節の距離がアメリカ人の方が小さく、歯列弓の奥行きがあるのに対し日本人は顎の幅が大きいと思った。

また、アメリカ人と日本人の食生活の違いを考えてみると、アメリカ人の方はどちらかというと肉食中心でかみかたは縦に咬むタイプ、日本人はどちらかというと穀物食(草食)中心で横に咬むタイプが多い様な気がする。

以上の事をまとめてみるとアメリカ人は顎の幅が狭く奥行きがあり、さらに咬み方は縦という事で日本人より顎の位置が横に動き難いという事が考えられる。

顔の幅 顔の奥行き 顎関節の距離 かみかた 歯科治療の体勢
西洋人 水平位
東洋人 座位

(勿論例外も多々あると思いますが。)

これらの事から思う事は東洋人の方が顎が横にずれやすい、言い換えれば顎関節の位置が変位し易いのではないかと考えられる。