東洋医学・その他の治療

治療の必要性

 歯が虫歯になり治療をすると、かみ合わせが一瞬で変わってしまう場合があります。その治療をした側の歯は前より低くなることが多く、その状態を放置すると首や肩に症状が出始めます。さらに歪みが大きくなると腰や膝までもが痛みを感じるようになってしまいます。本来虫歯は治療することが必要ですが、できればちゃんとしたかみ合わせを作ることが必要なのですが、その位置を導き出すには身体の歪みも補正する必要が出てきます。そのために東洋医学的代替療法などの手技が必要になる場合があります。どの位置で歯を作るかがとても大切なのですが、そのような目に見えないものは説明することも難しく通常歯科医すらわからないでいることが多いのです。歯を削って肩が凝ったと歯科医に話しても、それでは整形や整体にいってみたらと勧められるのがおちでしょう。 虫歯は現代科学では細菌が関与しているということですが、そのほとんどの部分は力のコントロールができないために歯が壊れてくれている状態なのだと思っています。また食事内容が悪く身体の生化学上カルシウムが歯や骨に存在する状態を作り出せずに骨粗鬆症状態と同じで虫歯ができるのです。力は目に見えないので職人技が必要で、食事は患者さんが治そうとする協力が必要なのです。色々な日本の伝統で職人技を必要とする製品はたくさんありますが、基本的には職人は話さず目で盗む時代がありました。歯科も技術が必要で職人技が大切なのです。これは実は患者さんの身体で感じることができることなのですが、目に見えないものなのです。保険診療か自費診療の差は歯が白いか金属か、また、セラミックか否かではなく、実は目に見えない顎の位置なのです。その顎の位置に回復すると摩訶不思議と身体全体が変わります。その身体の症状の原因は歯ではないですか?

設備

******準備中